なぜ、にじいろジーンでベッキーの続投を発表したのか!?理由を解説

気になるトレンドニュース、巷のニュースを掘り下げて解説

  • ホーム
  • »
  • »
  • 芸能
  • »
  • なぜ、にじいろジーンでベッキーの続投を発表したのか!?理由を解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

なぜ、にじいろジーンでベッキーの続投を発表したのか!?理由を解説

  •  投稿日:2016-01-23
  •  カテゴリ:芸能
関西テレビの社長自なぜ、にじいろジーンでベッキーの続投を発表した。


テ福井社長は「今起こっているプライベートの問題はベッキーさんが解決すべきだが、私はプライベートの問題と、テレビの出演は基本的に切り離して考えている。タレントとしての才能を見込んで出演していただいていることに変わりありません」と述べた。
引用元:デイリースポーツonline


世間の反応とはかけ離れた発表に誰もが困惑している。


ちなみに今のところ、にじいろジーンのスポンサーの降板の予定はないという。

注目記事↓↓
番組のスポンサーの降板はあるのか!? ベッキーが、『にじいろジーン』に生出演!!


ちなみにじいろジーン初めて見たけど、意外と面白かった。


関連記事↓↓
ベッキー にじいろジーンで沈黙 不倫騒動での発言や謝罪なし 収録中のベッキーの表情は!?


これには裏がありそうだ。


今や、視聴者が最も敏感に反応するベッキーを使い続けるのは、


視聴者側やスポンサー側にとってのメリットはなにもない。


むしろマイナスしかないのである。


それなのになぜなのか。


テレビ局やプロデューサーとプロダクションとの関係



双方しがらみがあることは業界では至って普通のことである。


もちつもたれつの関係である。何か弱みを握られていたり、借りがある場合もある。


そういったしがらみがあるため、プロダクションを無下には出来ない。


今回の場合はプライベートはベッキーで解決すべきとの社長の意見には


深い意味がある。


社長は今後さらに批判が強くなっていくベッキーを使いづけることは得策ではないことを当然知っている。


むしろ、状況が悪化すること自体も百も承知なのである。


ではなぜ、続投を決定したのか



多局でもベッキーが番組にでれば出るほど、批判を浴びて面白いように


ワイドショーやゴシップ誌で取り上げられる。


ベッキー自身がこれに耐えられなくなっているのを待っているのだ。


ベッキーが自ら進んで自粛するのを待っているのである。


続投の意志を見せつけ、プロダクションに恩を売ることで


とりあえず、テレビ局としては顔がたつし、今後の仕事も受注しやすくなるかもしれない。


恐らく、4月の番組の改編において、ベッキーを続投させるつもりはない。


自動的に出演させなくても済むようになる。


にじいろジーン以外の番組の続投は!?



今のところ、表だって正式な発表はないが、


一つの番組がベッキーを降板させると雪崩をうったように


他の番組でも降板が決定するだろう。



ベッキーが出演していたCMと同じように、


様子見から一気に反転する。


なぜ、ベッキーはテレビに出演し続けるのか



世間の自分のイメージは最悪、不倫問題に関して


発言してもしなくてもマスコミに叩かれる。


普通だったらこんな状況ではテレビにも出れたもんじゃない。


CMの降板による違約金の穴埋め



まさにこれが一番だろう。


先日違約金が5億は超えるとの報道があった。


関係者は「所属事務所の損害は違約金を含めて5億円に上るのではないか」と明かした。
引用元:スポニチ


タレントとしてはCM出演料ほど大きな収入はない。


違約金は通常、スポンサーからプロダクションに請求される。


支払いはそこから本人に請求される場合もある。


仕事をやめてしまえば、5億円もの大金はとうてい払える金額ではない。


いま、仕事をなくすことは死活問題に発展する。


ベッキーの今の状況は辛いが仕事はしなければならない、何がなんでも死に物狂いで働く必要がある。


そういった状況であるかもしれない。



まぁ、自業自得だけど。


仕事で視聴者と触れ合う機会がなく、出演者間で仕事が完結してしまう



ベッキーの周りの出演者は逆にしんどいほどベッキーに気を使いまくりだろう。


同じ番組の出演者や知り合いはベッキーを必ず擁護している。


それに甘えて守られている感があるのだろう。



結局、ベッキーやテレビ局、プロダクションがどうとか、関係はなく、


一番力を持っているのはスポンサーなのである。


スポンサーは視聴者を一番気にする存在だ。


ベッキーを続投させ続ければ、スポンサーは今後徐々に視聴者が離れていくことを実感していくことになる。


にじいろじーんのスポンサーにかかわらず、手は早めに打っておいた方がよい。
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © トレンド!!ニュース!!まるみえちゃん!! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。