ショーン・マクアードル川上の腕時計のブランドはIWC、カール F. ブヘラ

気になるトレンドニュース、巷のニュースを掘り下げて解説

  • ホーム
  • »
  • »
  • ニュース
  • »
  • ショーン・マクアードル川上の腕時計のブランドはIWC、カール F. ブヘラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ショーン・マクアードル川上の腕時計のブランドはIWC、カール F. ブヘラ

学歴、経歴詐称が騒がれているショーン・マクアードル川上だが、


経営コンサルタントという肩書の中で腕時計には一際、気を使っていたことが分かった。


腕時計のブランドは!?



おそらくカール F. ブヘラ。


ヨーロッパの歴史あるブランド時計と同様、その歴史は深い。


もともと宝石商だったカール F. ブヘラがブランドとしての時計を作り始め、ブランド化したのが、1919年とのこと。


日本に初上陸したのが2007年なので日本での販売実績はまだ甘いが、


それでも知る人ぞ知る有名な時計ブランドであることには変わりはない。


気になる値段は一概には言えないが、数十万から数百万は普通に超える時計である。


また過去にはIWCという時計を愛用していたことが分かっている。


この時計も創業が1868年と伝統のあるスイスの時計ブランドで、


時計好きなら誰もが知っている高級時計である。


この時計の値段も実質は数十万から数百万はくだらない。


高級時計ブランドであるには違いないが、その中でもランクも様々であり、


値段に関してはやはり、時計の型番まではわからないため、一概には言えない。。。。


時計に対する思い



2009年の話で少し古いが、ある時計ブランドの雑誌で「私にピッタリの時計探してください。」という企画があった。


三越の外商がゲストにピッタリの時計を進め、その他の要潤などゲストと共に自身の時計感を語る内容だ。


そこでショーン・マクアードル川上が登場している。

世代を超えて使え続けられる質実剛健な時計がいい


と述べている。それには理由があって

どなたかが 『身繕いは自分の弱いところを保管することに意味がある』と言っていました。だから僕の場合、時計に質実剛健さを求めてしまうのかもしれません。


この対談でショーン・マクアードル川上は自分にコンプレックスを持っていると言っている。


まぁ、今回の学歴や経歴詐称がこのコンプレックスに繋がるのかもしれない。


休業中の今も関係者には「4月からどう暮らしていけばいいやら」と弱気な発言をしていたようだ。


完璧と思われていた男も中身はぼろぼろであり、実際は大したことはい。。。。
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © トレンド!!ニュース!!まるみえちゃん!! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。