週刊文春の次号の内容は!?最悪レベルのLINE画像やメッセージを掲載

気になるトレンドニュース、巷のニュースを掘り下げて解説

  • ホーム
  • »
  • »
  • 芸能
  • »
  • 週刊文春の次号の内容は!?最悪レベルのLINE画像やメッセージを掲載

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

週刊文春の次号の内容は!?最悪レベルのLINE画像やメッセージを掲載

  •  投稿日:2016-01-27
  •  カテゴリ:芸能
週刊文春をよく知る芸能芸能関係者は言う

「週刊文春は、どうすれば効果的にショッキングな記事を掲載できるかを考えています。同時に、同じネタでできるだけ長く引っ張ろうとします。よって、ベッキーの不倫騒動は今後も載り続けますし、ベッキーや川谷絵音にとって最悪レベルのLINE画像やメッセージを掲載していくようです。二人にとって最悪のタイミングで出す予定なので、次号か次々号あたりに芸能人としての人生が終わるレベルの情報が載るといわれていますよ」
引用元:Buz Plus News


最悪レベルで芸能人の人生が終わるって((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


よほどショッキングな内容のだろうか。


毎回、次号の内容を楽しみにしている方は大勢いるかと思う。


それぞれ、次号の内容を考察してみる。


週刊文春の恐ろしいタイミングを謀る力



今までの週刊文春のやり方を見てみよう。


1/6にベッキーは謝罪会見をして川谷との関係は「友人」と言った。


この時点で週刊文春は1月28日号の掲載の


「友達で押し通す予定!笑」



のLINEの内容を把握していた。


その発言は1/6の謝罪会見でベッキーが言った「友人」を反故にする爆弾発言だ。


謝罪会見の数日後から、ベッキーのCM降板による違約金や番組降板の話題が出ていたが、


なぜか、次号の1月21日号では話題に触れず、川谷の嫁の独占取材を掲載した。


その頃はSMAPの解散報道が持ち切りで


掲載してもSMAPに負けてあまり話題にならなかったかもしれない。


それをあえてSMAPの解散報道が終止符を打ってから1月28日号に載せたいう。


こんなネタを2週間も暖めていたのだ。


次号は最新のLINE画像が見れるかもしれない。


関連記事↓↓
【LINE画像】全文あり ベッキー 週刊文春を『センテンススプリング!』

二人の最悪のタイミングとは!?



記載の通り、おそらく、週刊文春2月4号か、2月11日号レベルの近いうちだ。


ベッキー、川谷の他に世間のタイミングで考察してみる。


ベッキーのタイミング



「友達で押し通す予定!笑」

発言に


様子見していたCMスポンサーで契約解除に踏み切った企業もあり、


また、自身の不倫問題をフォローしてくれた先輩芸人仲間も裏切ってしまった。


今までベッキーをフォローしていた土田晃之も

「仮にアレが本当のやつだとしたら、ですけど」と前置きした上で、「もう救えねぇっすわ、ってね。もうフォローできねぇっすわ。だって、アレが本当だとするなら(ベッキーの謝罪)会見も全部ウソだったん?ってなるからね」
引用元:日刊スポーツ


と、今度ばかりは突き放している。


まさにベッキーにとっては今が一番状況がつらいのではないだろうか。


なおかつ、視聴者やファンからは正式な謝罪をしないことによる避難の声が殺到している。


川谷のタイミング



バンドのゲスの極み乙女。のツアーである「ゲスな宇宙旅行」のチケットの販売が


1月17日から始まり、1月25日でオフィシャルHP先行が終了した。


もちろんチケットは完売で、川谷含めメンバーは絶頂の気分を味わっている。


その絶頂の時にどかーん!!と特大ネタを掲載されたら、


まさに最悪のタイミングである。


そして、世間のタイミング



ファンや視聴者は正式な謝罪がないまま、


ベッキーが笑顔でテレビに出演し続けていることが我慢できない。


発行部数No.1の週刊文春は世論を一番理解している。だから売れ続けている。


週刊文春は一番売れるネタを購読者に提供したい。


そのタイミングがまさに今ではないだろうか。


最悪レベルのLINE画像やメッセージとは



おそらく、2人のキス画像写真やそれ以上の行為の画像があるのだろう。


それか、世間の反応を楽しんであざ笑っている内容などが考えられる。


今はクローンiphoneによってリアルタイムで二人にLINEのやり取りは筒抜けだという。


最近までは、LINEの画面ショットを情報提供者が週刊文春に流したと言われているが、


本人達もそれに気付いておらず、あいかわらずLINEを使用していたことが分かっている。


事実、1月6日の記者会見後のLINEのやり取りを週刊文春は入手している。

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © トレンド!!ニュース!!まるみえちゃん!! All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。